招待状について

Search Posts

招待状は手作りもオススメです

結婚式やパーティーなどのイベントの時には、招待状を送りますよね。最近は招待状を手作りする方が増えています。すべて手書きで作るのはもちろん、ベースはパソコンで作り印刷し、シールや手書きをプラスして、オリジナリティを出すという方もいます。オリジナリティや手作りの感じがプラスされていると、もらった側も嬉しいですよね。温かい気持ちになります。結婚式でしたら、新郎新婦の職業や趣味などを生かしたデザインや装飾だと、二人の雰囲気が伝わります。パーティーなどのイベントの場合も、趣旨に合わせて招待状のデザインを考えると良いでしょう。手作りは温かみもありますし、業者に作成を頼むより安く済みます。多少時間はかかってしまいますが、自分たちで作るのがオススメです。インターネットなどでデザインを参考にすると良いですよ。

結婚式の招待状の注意点

招待状は挙式、披露宴にゲストをお招きするための案内状です。手元に残るものですし、どの世代の方にも受け入れられるように、上品で、きちんとしたものにします。必ず必要なものは日時、会場までの案内地図、返信用のはがきです。必要に応じて、祝辞のお願いや遠方のゲストへの交通案内や宿泊先の案内などです。以前は差出人の名前は両親でしたが、最近は新郎新婦も増えてきました。宛名はプロの筆耕に依頼するか、適切な書体で印刷します。いずれにしても住所や宛名を間違えることはとても失礼にあたるので、十分に注意します。そのうえで、ふたりらしさを表せたらより良いものになるでしょう。招待状を受け取った場合は、必ず返信はがきで出欠を連絡します。御や御芳は二重線で消します。宛先の行を二重線か斜線で消して様にします。修正液で消したり、塗りつぶしたりしません。出席の場合でも一言メッセージを書き込みます。招待状を受けってから1週間以内に返信します。

結婚式の招待状に関するあれこれ

結婚式は一生に一度の大イベントということもあり、隅々までこだわりたいと考えるのは当然のことです。そのため招待状などについても考える人も多いですが、その際次のような方法を活用することが可能です。まず挙げられるのが業者に作成を依頼する方法で、自身が理想とするようなデザインで作成を依頼することが可能です。この際結婚式場に依頼する場合と別途業者に依頼する場合があり、予算などに合わせて選択すると良いでしょう。次に挙げられるのが自身で作成する方法で、あたたかみのあふれるデザインのものを作成することが可能です。ただし結婚式の打ち合わせなどで時間に余裕がなくなる可能性も高いため、ある程度作成にかかる時間などのスケジュールを事前に勘案しておかねばなりません。上記の方法を使い分け、記念となる招待状を作成することをお勧めします。